頭痛の世界は奥が深い|快適な生活を守る為に必要な事とは

医者

3割の人がかかる頭の痛み

相談

頭痛は対応を誤ると命に関わる場合もあります。多いのは偏頭痛と緊張型頭痛で、それぞれに対処法が違うので注意が必要です。またしっかりと病院に行って治療することも大事です。

その種類を見極める

女性

頭痛は誰でも経験した事があるくらいに、一般的な症状ですが、その原因となりますと、かなりの数に昇ります。できればその要因を特定してから、医者にかかるべきでしょう。あるいは医師の元で原因追求を行っていきましょう。

快適な生活と治療の見極め

アナタの頭痛を早急に改善します!磁気を用いて、要因をすっかり取り除きますよ!診療予約はこちらからどうぞ。

頭痛

身体各所には、それぞれが持つ役割がありますが、頭の果たす役割は、特別なものがあります。例えば、指先が壊死を起こしたとしても、直接的に命に関わることは、ほとんどありません。しかし、頭の組織が壊死を起こしますと、たちまち命に関わる問題となる可能性が高まります。頭の疾患としては、数多く存在していますが、頭の痛みは比較的身近で、よく発生する症状です。もちろん頭の痛みというのは、あくまで症状に過ぎませんから、それぞれによって原因は異なります。なかには、脳出血や脳梗塞や脳腫瘍などといった、命との関わりがとても深い疾患も存在します。いっぽうで、そうした命との関わりがとても深い疾患は、全体の中では少数派に相当するのです。反対に、頭の痛みを呈する疾患の多くは、命との関わりが少ない疾患になります。そうした命との関わりが浅い疾患のうちでも、とりわけ多くを占めるのが、片頭痛と筋緊張型です。前者のタイプは、脳内の血管が収縮を起こす際に、痛みが発生します。その原因は、多岐にわたる要素が関連しまして、病態を分かりにくくする背景になっているのです。しかし、好発年齢に関しては、10歳代から60歳代に多いという特徴があります。後者のタイプは、頸部の筋肉が緊張して、項頸部の神経を絞扼した際に痛みが発生します。しかし、このタイプのものは、年齢を問わずに広い年代で発生するというのが特徴です。したがって、こうした2つの疾患の特徴を良く知ると、快適な生活を送ることにも繋がります。

治療に関してですが、まず先述の好発年齢を念頭に置いて行うべきです。例えば、20歳代の女性が側頭部の間欠的な頭の痛みを訴えるならば、確かに片頭痛を疑います。いっぽうで、70歳代の普段は頭の痛みを訴えない男性が、頭の痛みを訴えたら、状況は異なります。70歳代の男性において、はじめて片頭痛を起こすことは、全体の中ではまれな出来事です。むしろこのケースにおいては、命と関わりの深い疾患を、強く念頭に置いて治療を進めるべきなのです。したがって、こうした痛みの発生の仕方をする場合には、早急に医療機関に受診することが必要になります。これらを踏まえたうえで、片頭痛の治療に関しては、神経内科を中心に薬物療法がよく行われています。神経内科においては、以前までエルゴタミン系製剤が、広く用いられていました。しかし、最近はトリプタン系製剤が開発されまして、使用頻度が高くなっています。トリプタン系製剤は、血管と神経の両者に同時に作用するために、高い効果を発揮するのです。また、筋緊張型の場合には、先述のように幅広い年代に発生するために、年齢以外の要素を重視します。とくに、頸部の筋肉の緊張による神経の絞扼が原因ですから、筋肉の緊張の緩和を行うことが大切です。その点において、セルフケアを行う際には、運動をすることが必要です。運動を行いますと、筋肉が収縮を起こして、ポンプ作用が働きます。また、マッサージ治療を受けることも効果的で、東洋医学のツボへの刺激で、効率的に改善が図れます。今後は、これらを患者自身が認識して、頭痛の治療法をある程度見極めるようになると予測されます。ただ外的影響だけが頭痛の原因ではありません。いまはストレスなどの精神的な要因もあるとされています。そのためもし日頃からストレスを感じているのであれば、心療内科や精神科の受診も検討してみましょう。意外にも心のストレスが頭痛に発展しているかもしれません。そこで治療することによって改善している人もたくさんいます。またいまは多くの人が受診しているので、気軽に行くことが可能です。まずはカウンセリングをしながら、頭痛の原因を探っていきましょう。

治療について

カルテ

頭痛には大きく分けて、2種類のものがあります。他の病気が原因となって起こるものと、その他の病気がなく頭痛そのものが主な症状のものです。これらは根本的な原因が違うため、治療もそれぞれに合ったものを行う必要があります。